中学受験の時には塾の先生に大変お世話になりました

我が家も中学受験を経験し、子供を無事に中高一貫校へ進学させることができました。地元の公立中学よりも、高い教育を受けさせたかったのと、本人にも叶えたい夢があるので、それを実現するための一歩として中学受験を行いました。子供のやる気はもともと高く、小学校の試験でも良い成績を収めていたのですが、受験勉強はそれとは異なって難易度が高いので、何度かくじけそうになりながらも勉強に向き合っていました。

受験塾の先生方には親身になって相談していただき、志望校を決める時にも、どの学校が良いか話を聞いてもらえました。子供自身が保守的なところがあり、合格可能性の高い確実なところしか受けたがらなかったのですが、塾の先生に発破をかけてもらってチャレンジ校を目指す勉強に火をつけました。中学受験の勉強は、親の私たちでは面倒が見切れない難しさがあるので、専門的に精通している先生に教えてもらってよかったと思いっています。塾に通う子供たちも同じ志望校を目指している子や成績の良い子がいるので、お互いに刺激しあって勉強をしている様子でした。合格発表を見に行ったときには、自分の受験番号が掲示されているのを見て子供も親も涙を流して喜びました。