中学受験は弱点を鍛えれば合格できる

娘は小さな頃から読書が好きでした。そこで出てきた言葉も漢字もたくさん覚え、習字も習わせていたので、気がつけば国語は得意科目になっていました。小学5年生のときに、お姉ちゃんと慕っていたいとこが中学受験で合格しました。いとこに憧れていた娘は、同じように中学受験がしたいと思うようになりました。でも、もう5年生なので、間に合うか心配でした。



そこで、試しに模試を受けさせてみると、国語は好きで得意なこともあり、そこそこ点数が取れていました。しかし、算数がどうも苦手で、しかも学校で習わない単元が出てくるため、あまり取れていませんでした。それを相談すると、算数の習っていない単元だけ個別指導で習うことをすすめられました。個別指導は値段が若干高いですが、算数だけなら何とかなります。そこで、算数を重点的に見てもらい、国語は問題集を買って自宅でやらせる勉強法にしました。

国語は好きなので、言わなくても自分から問題を解きますし、個別指導で教えてもらって算数もできるようになってきました。夏前には学校見学にも行き、いとこの制服姿に余計刺激されたようで、熱心に勉強するようになりました。

そして2年後、憧れのいとこと同じ制服が着られることになりました。中学受験と言っても、トップレベルの中学校ではありませんから、苦手科目を重点的に頑張れば、合格を勝ち取れます。