我が家の中学受験のエピソード

2016年度の鴎友学園の合格体験記にも書かれていますが、中学受験の塾に通い始めたのは小学校五年生からでした。子供の小学校の成績は良い方で、学校の授業が物足りなく感じていたので、こういう世界もあるということを子供に教えるために中学受験の塾に入れました。入ってみると、自分よりも成績の良い子たちばかりで自信を無くして最初は落ち込んでいましたが、塾のクラスに慣れて少しずつ中学受験勉強が手に着くようになりました。最初のうちは、小学校の生活が第一と考えて子供の負担にならない程度に塾に通わせて、本人に確認しながら塾に通う数を増やしていきました。親が張り切り過ぎて子供が窮屈になってしまうと考え、できるだけ子供の声を聞くように努めました。

楽しい学校生活を送っています

中学受験シーズンでは、合格可能性の高い滑り止め学校とチャレンジ校を含めて3つほど受けました。チャレンジ校の試験は落ちてしまい、ひそかにチャレンジ校にあこがれていたため泣いていました。親の私たちがいくら励ましの言葉を掛けても気力は戻らなかったものの、塾の先生に相談したところ、とことん励まされ、本人のやる気が戻ったようで後日再受験をしたところ見事合格しました。塾の先生には感謝しています。現在子供は勉強に部活に打ち込んでおり、楽しい学校生活を送っています。